HOME 業務紹介  > 安全性情報部

安全性情報部

大日本住友製薬のグループ会社として、

高品質かつ迅速・丁寧な対応で、PV業務(ファーマコビジランス業務)をサポートしてきました。

実績に基づくノウハウを生かして、更に幅広い医薬・医療への貢献を目指しています。

1.受託安全管理業務

大日本住友製薬から安全性情報の収集・管理等に関する業務を受託しています。

 

 ・安全性情報(治験症例・国内外市販後症例・国内外文献)の受付業務

 ・安全性情報データベースへの入力業務

 ・規制当局報告書案・CIOMS案作成業務

 ・和訳・英訳業務

 ・詳細調査項目案作成業務

 ・医療機関通知案作成業務

 ・提携会社や国内外グループ会社への安全管理情報の情報提供

2.製造販売後調査等支援業務

大日本住友製薬から製造販売後調査等に関する支援業務を受託しています。

 

 ・医療施設との契約に関する業務

 ・進捗管理・推進に関する業務

 ・MRからの問い合わせへの対応

PV業務(ファーマコビジランス業務)とは

医薬品による治療や処置により、多くの効果が期待できる一方で、副作用が発現することがあります。

製薬メーカーは、患者様が安全に、また、医療関係者が安心して医薬品を使用できるよう、情報を収集・評価し、
規制当局・提携先への報告を行うとともに、医療関係者への情報提供などのリスク最小化活動を行っています。

© 2020 DSP Associe Co. Ltd.